SUM関数の使い方 ー Excel関数編

SUM関数でできること

SUM関数を利用すると、引数に指定した「数値」や「セル範囲内に存在する数値」の合計を求めることができます。セル範囲を指定した場合、数値が入力されているセルのみが集計対象になるため、範囲内に文字列が含まれていても問題なく合計を求めることができます。

SUM関数の書式

=SUM(数値1,[数値2],・・・)

引数 (数値1,[数値2],・・・) の説明

引数には、「1」・「2」・「3」などの数値、「A1」・「B3」などのセル参照、「A1:E10」のようなセル範囲を指定します。複数の引数を指定する場合、数値・セル参照・セル範囲を混在させることも可能です。引数は1個から255個まで設定でき、引数と引数の間はコンマで区切りながら記述していきます。

SUM関数の入力方法

SUM関数はよく利用される関数なので、他の関数と違い簡単に利用できるようにボタンが用意されています。「Σ」 のマークの「オートSUM」ボタンが「ホーム」タブのリボン右側、または「数式」タブのリボン左側にあるはずです。このボタンを利用すると、合計欄に隣接する、数値が入力されたセル範囲を自動認識してくれる為、とても簡単に合計を求めることができます。
SUM関数

1.合計範囲が正しく認識される場合

①合計を表示したいセル(SUM関数を入力するセル)をクリックします。
セル選択

②オートSUM(Σ)のボタンをクリックします。
SUM関数挿入

③合計範囲に間違いがないことを確認し、Enterキーを押すと、合計が算出されます。
sum関数結果

2.合計範囲が正しく認識されない場合

①合計を表示したいセル(SUM関数を入力するセル)をクリックします。
範囲選択

②オートSUM(Σ)のボタンをクリックします。
オートSUMボタン

③合計範囲をマウスでドラッグして範囲を再選択します。
範囲再選択

(キーボードで選択範囲を変更する場合は、矢印キーで集計場所の移動、Shift+矢印キーで範囲選択ができます。)

④合計範囲に間違いがないことを確認し、Enterキーを押すと、合計が算出されます。
再選択結果

※合計を求めたセルの左上に緑色のチェックが入る場合があります。この例では、「合計範囲に売上目標が含まれていません。間違っていませんか?」とExcelが疑問に感じたので、セルの左上に目印を出してくれています。この目印は印刷されないので、問題なければ無視しておいて問題ありません。気になる場合は、目印の入ったセルを範囲選択し、「!」のついたオプションボタンをクリックするとメニューが表示されるので、「エラーを無視する」をクリックすると緑色のチェックは非表示になります。
オプション

3.複数のセル範囲を合計範囲に指定する場合

①合計を表示したいセル(SUM関数を入力するセル)をクリックします。
合計欄選択

②オートSUM(Σ)のボタンをクリックします。
オートSUMボタン

③1つ目の範囲は普通にドラッグ、2つ目以降の範囲はCtrlキーを押しながらドラッグして範囲選択していきます。
複数の範囲

④範囲選択した後、Enterキーを押すと、合計が算出されます。
複数範囲結果

4.SUM関数の効率的な入力方法

合計範囲とSUM関数を入力する合計欄のセルが隣接している場合には、とても簡単に効率よく入力する方法があります。ただし、1や2の様に入力しながら合計範囲を目視できないので、結果が正しいことを必ずチェックしましょう。

方法その1

①集計対象の数値が入ったセルと合計を表示したいセル(SUM関数を入力するセル)を合わせて範囲選択します。(合計欄は空白にしておくこと)
SUM関数便利な利用

②オートSUM(Σ)のボタンをクリックすると、合計が算出されます。
SUM関数便利な方法結果

合計欄のセルが結合されているときは、利用できないのでご注意ください。

方法その2

①合計を表示したいセル(SUM関数を入力するセル)を範囲選択します。(合計欄は空白にしておくこと)
SUM関数便利な方法2

②オートSUM(Σ)のボタンをクリックすると、合計が算出されます。
SUM関数便利な方法2結果

オートSUMを利用したい場面

1.たくさん集計対象のセルや数値があり、足し算で計算するのが大変な時
2.集計対象のセルに数値以外のデータが含まれることがあるとき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする